住宅の新築を生涯のうち何度も経験する方は少なく、多くの方は全てが初めての事ばかりで、わからないこと、迷うことが多いと思います。

体験談、セミナー、雑誌、ネットなど様々な媒体から情報収集することも欠かせません。

 

人生一度の大きな買い物である「我が家」の新築を成功させたい!と誰もが強く思っています。

 

仁・幸夢店株式会社は、1976年創業、1500棟を超える施工実績と経験をもとに、「失敗しない家づくり」と題して、様々な情報を発信していきたいと思います。

 

住宅建築を考え始めるきっかけは、

・子どもが生まれた

・結婚した

・終の住処として田舎暮らしを など

自身の環境が変わるタイミングで計画をすることが多いのではないでしょうか。

 

今回は建築を考えてからどのような順番で引き渡しまで進んでいくかお伝えさせていただきます。

1.世帯収入と世帯支出を把握する

2.資金計画をする(ライフプランニング)

3.土地を調べる(土地がない人)

4.依頼先の建築会社の選定(土地と同時進行)

5.土地が決まり設計する

6.設計がほぼ決定したら見積もりする

7.契約し着工(工期は依頼先、家の大きさや仕様によっては様々です)

8.完成、引き渡し

 

それぞれの期間は、

1.~4.までは平均3ヶ月~6ヶ月かかります。

5.と6.は平均1ヶ月~3ヶ月です。

7.と8.は住宅の大きさや工法、申請状況によりますが、通常5ヶ月くらいかかります。

こうしてみると平均で1年以上はかかります。

 

特に、1.と2.は最も重要で、ご家族が十分話し合い、納得した「資金計画」と「ライフプラン」をたてましょう。

 

 

◎ここでお伝えしたいこと

建築計画を早めに立てましょう!

資金計画とライフプラン(将来の子どもの成長、家族構成の変化、生活環境の変化を見据えた計画)が重要です。

住宅の新築を生涯のうち何度も経験する方は少なく、多くの方は全てが初めての事ばかりで、わからないこと、迷うことが多いと思います。

 

思ったよりかかる計画は早めにすることが成功する家づくりの第一歩であると思います。

健康風水一級建築士

長谷川 聡龍