高気密・高断熱の家は、冷暖房機で快適な温度にした室内の空気が逃げずらく、外の寒さや暑さの影響を受けにくいのが特長です。

従来の日本家屋は、どんなにすばらしい職人が造った家でも隙間が空いてしまいます。

高気密な家は、精度の高い建築部材が使用され、できるだけ隙間を造らないようにして建てられているのです。

外の気温は壁や窓を通して家の中に伝わります。

「冬寒く夏暑い」と感じる家は、断熱性能が十分でないため。

そこで、断熱性の高い窓を取り付けたり、外壁と内壁の間に断熱材を入れたりして断熱性能を高めているのが高断熱の家なのです。

結果、省エネで光熱費を抑えることができることが最大のメリットでもあります。