日本家屋でもっとも利用されている窓は「引違い窓」です。

一般的な引き違い窓は、大きく間口が開けられるため開放的で、掃き出し窓は外に出るのに便利というメリットもあります。
その一方で、引き違い窓は気密性が劣るデメリットがあるので慎重に選ぶことが大切です。

 

仁・幸夢店の施工住宅には、気密性が高く、通風に優れた「外開き窓」「ドレーキップ窓」を多く使用しています。

断熱性能をアップさせるために、樹脂サッシのペアガラスが標準仕様になっています。ガラスが多層になるほど断熱性能がアップし、ガラスとガラスが挟む空気層の厚さによっても大きく変わるのです。

 

高断熱性能の窓にしたことで防音効果が高まり、ピアノなどの楽器を奏でても音漏れが軽減されるメリットもあります。