レンガ積みの家のパイオニア

Document Request
Mail Inquiry
Tel-Inquiry
Document Request
Mail Inquiry
Tel-Inquiry

お客様の声

OBのお客様訪問インタビュー
vol.15 鴨川市 美容室アンビジュール

田園地帯にたたずむシックな美容室

鴨川市花房は、北側に房総丘陵、2キロほど南に外房の海をひかえた、のどかな田園地帯です。
緑ゆたかな風景の中に、まぶしすぎない白の外壁。シックなたたずまいの建物があります。
美容室「UN BIJOULE(アンビジュール)」。
仁・幸夢店が建てた、お店兼住居です。オーナーのお話を伺ってきました。

外壁、ドア、玄関ポーチの組み合わせにセンスがうかがえる外観

外壁、ドア、玄関ポーチの組み合わせにセンスがうかがえる外観

いつも予約がいっぱいの美容室は外観も内観も魅力的

「UN BIJOULE(アンビジュール)」の予約をとるのは、なかなか大変です。3か月先までの予約が埋まっている、なんていうこともよくあります。オーナーは美容師の相川友理さん。14年間、東京の美容院で腕を磨き、結婚を機にUターン。出産後、今の場所で開業しました。

お店の前で、ご家族と

お店の前で、ご家族と

美人に写りそうなミラー

美人に写りそうなミラー

美的センスが生きた内観・外観

田園風景の中に、トーンを抑えた白い壁と緑色のドア。
店名の下に「PRIVATE HAIR SALON」と記されたサインボード。洒落た印象ですが温かみもあり、思わず入ってみたくなる雰囲気です。
中は機材や備品が整然と並び、オーナー・友理さんのプロ意識の高さがうかがえます。
白や茶色やベージュなどの落ち着いた色合いでまとめられたインテリアに、ドライフラワーや松ぼっくりなどが良い感じにレイアウト。鏡や時計はヴィンテージ風でセンスの良さが活かされています。

提示されたカタログから、ただ選ぶだけでなく・・・

こうした外観・内観には、友理さんの考えが大きく反映されています。
「予算の範囲内で、できる限り、自分が思い描くイメージに近づけるようにしました。『床材や壁紙を実際に部屋に貼ってみたらどうなるか』・・・そうした写真もネットで見つけることができます。サンプルを見たときと、部屋に貼ったときとでは、かなり印象が違ったりするので」
提案されるままに選んでいく、というやり方でもよかったかもしれません。けれども友理さんは、ご自身で納得がいくまで調べてから選ぶようにしました。努力した結果が実りましたね。

すみずみまでいきとどいた美意識

すみずみまでいきとどいた美意識

これから長く時を刻みます

これから長く時を刻みます

仁・幸夢店への信頼感の源(みなもと)は・・・

仁・幸夢店が建てた家で育ちました

実は友理さん、仁・幸夢店が建てた家で育ちました。ご両親が建てた家です。住み心地が良い家だったことから「仁・幸夢店に頼めば、間違いない」と。
けれども大切なお店と住まいのことですから、他のハウスメーカーの見学会にも出向いてみました。
すると、同じ「健康住宅」「高性能住宅」という言葉を使っていても、その内容はメーカーによって、さまざまな違いがあることが分かりました。
その違いを踏まえて、じっくり検討した結果、やはり仁・幸夢店を選びました。

電気屋さんの予想も超えた! 高性能・健康住宅の実力

2015年に完成した友理さんとご家族にとってのお城。実際の住み心地はいかがでしょうか。
「1Fは14畳程度、2Fは全体で26畳くらいの広さがありますが、エアコンの設置は1Fに6畳用が1台、2Fに10畳用のものが1台だけ。
電気屋さんは『エアコンが小さすぎるよ~』と心配していました(笑)」
実際に住んでみると友理さんの予想通り。
四季を通じて暑さ、寒さに悩まされることはほとんどなくて快適。とくに冬。エアコンはほとんど使わず、足元に小さなヒーターをつけるだけで十分だそうです。

北海道基準の断熱・気密性能が、居心地のよい空間を確保

なぜエアコンに頼る機会が少なくてすむのでしょうか?
ーーー仁・幸夢店が建てる家の、断熱・気密性能が高いからです。
仁・幸夢店は、国内最高レベルである「北海道基準の断熱・気密性能」を提案しています。

気密性能がすぐれた家は、夏の熱い外気・冬の冷たい外気の影響を受けにくくなっています。そのため、とくに冬場は断熱性能をフルに活かすことができ、暖かく過ごせます。

それだけではありません。
気密性が高いと、湿気や結露に悩まされることはなく、カビもほとんど生えなくなります。壁や床の隙間から入り込んでくる湿気を、ほぼブロックできるからです。
このように、気密性能が高い家は屋内の空気の状態を上手くコントロールでき、湿気の少ない、過ごしやすい家になります。

友理さんのお宅は、美容室という仕事柄、洗濯物が多めですが、すべて室内で乾かしているとのこと。四季を問わず、除湿機を1台使えば、一晩で乾くそうです。

また、1児の母である忙しい友理さんが、とても助かっていることがあります。それは、屋内の戸が、すべて吊戸になっていること。
「床に溝がないので、掃除が楽です!」
一般に吊戸は、床と戸の間に隙間ができるので気密性が下がる、と言われています。ところが、この家は全体が高気密に設計されているため、その心配がありません。
そもそも気密性が高いために「ホコリが入りにくい」ですし、室内の空気はいつもキレイに保たれています。
お店は街道沿いにありますが、車・トラックが走っても騒音・振動はほとんど気になりません。
断熱・気密性能の高さが、お店・居住空間の快適さの秘密だったのですね。

健康で、笑って、ふつうに 暮らしていきたい

この居心地のよいお宅で日々過ごしている友理さん。
今後、この家でどのような人生を送りたいかお聞きしてみました。
「これからも健康で、笑って、そうですね・・・ふつうでいいですね」との答えが。
ふつうでいい、との言葉に静かな自信を感じました。きっと仕事も家庭もますます充実していくことでしょう。
ここで美容師として腕をふるい、ご家族とともに幸せな生活をお送りください。

【取材・文・写真】あわみなこ

【More Information】

UN BIJOULE(アンビジュール)

千葉県鴨川市花房413-2
(営業時間) 月~金 9:00~17:00 土 9:00~12:00
(定休日) 日曜日・祝日
(連絡先) 04-7096-7711
※公式Webサイトなし