良いデザイン・形は、創造力を高め
住む人の能力を最大限発揮させる。

デザイン性の高い外観・おしゃれでセンスの良い室内・綺麗なもの、美しいものは感性、感受性、創造性が豊かになり、心や精神に力を与え向上心を高めます。

良いイメージが湧き「自分はどうなりたいか」、「3年後、5年後何を実現したいか」、「自分の人生の最大目的は何か」、鮮明にイメージできればかなりの事が実現可能になります。

リゾート感覚住環境「気分がいいな」、「心地がいいな」という気持ちが1年間を通して起こりやすくなり、心地良い気持ちになると脳内ホルモンであるベータエンドルフィンが分泌され、老化を遅らせ自然治癒力が高まると考えます。

住まいのデザイン・形

住まいのデザインも調和のとれた自然と(無意識に)美しいと感じる建物が良いデザインではないでしょうか。
長い時間を過ごす住まいだから、心身に与える影響も大きいのです。
デザイン性の高い外観・おしゃれでセンスの良い室内・綺麗なもの、美しいものを見ると感性、感受性、創造性が豊かになり、心や精神に力を与え向上心を高めます。

左右または上下に対称となった幾何学的なデザインは、バランス感があり精神的に落ち着いた影響を与えます。

反対に鋭利なデザイン、特に尖ったデザインは先端から殺気を放ち、無意識に人を委縮させて緊張を高めます。
瞬時に感じるインパクトは強いですが、長年寄り添う家の中には適していません。

丸みのある外観や室内は人の心をやさしくします。人間関係が良くなり家族円満になるといわれています。

ですから、家の中に「丸」や「曲線」を取り入れ調和をはかります。

公共施設とデザイン性

とある研究結果では、デザイン性の高い病室と陰気な病室とで過ごした患者さんのうち、デザイン性の高い病室の方が、退院の日数が早まったという研究結果や、学校をデザイン性の高い施設へ改修したところ、学生の成績が上がったという研究報告があります。

鴨川令徳高等学校の外壁施工前と施工後

Before

After

色彩効果で成績アップに貢献

直線や平坦が多用されている家は、脳に刺激が少なく、凡庸な感覚や判断能力を創り出します。建築物としてのデザイン性を高めることによって、心や感情の情操的な機能だけでなく、精神の合理性を高めて、住む人の能力を最大限発揮させることが可能となります。

人によってデザインや色の趣味や好みは千差万別でしょう。
しかし、家は建てた後に長年付き添うパートナーであり、最も身近な「環境」となります。
「住まいのデザイン・形」は、住む人やご家族の心身の健康と能力を最大限高め住み心地の良い住環境にします。

施工事例