レンガ積みの家のパイオニア

Document Request
Mail Inquiry
Tel-Inquiry
Document Request
Mail Inquiry
Tel-Inquiry

レンガ積みの家

美しい佇まいと頑丈な構造が日本の住まいを変える
レンガ積みの家

日本の住宅は、長きに渡りその寿命が25年から30年であることが当たり前とされてきました。

欧米では50年以上は当たり前で、100年以上何世代にも受け継がれている家も多くあります。
住むほどに価値があがる住宅。
そこには、時代に左右されない美しい佇まいと、100年以上を耐えうる素材と頑丈な構造があります。

きちんと管理し、メンテナンスしてゆくことで100年もの永きに渡り、輝き続け愛着がわく住宅をつくりたい。

健康で快適、省エネルギーな住まいを徹底的に追求してきた仁・幸夢店が、古くから愛され続けるレンガを使うことで、本物の資産価値の高い住宅をつくることに成功しました。それが、「レンガ積みの家」です。
日本のどの街並みにも馴染む美しい外観。
大地震や火災にもびくともしない頑丈な構造。
100年のその先へ。
仁・幸夢店の新たな提案です。

レンガが選ばれてきた8つの理由
  1. 地震に強い
  2. 火に強い
  3. メンテナンスフリー
  4. 経年劣化が少ない
  5. 熱が伝わりにくい
  6. 音が伝わりにくい
  7. 雨や風に強い
  8. 湿度に強い
高耐久木造軸組みと鉄筋入りレンガ積みのハイブリッド躯体構造

レンガ積みの家」は、在来工法と面構造を合わせ耐震金物で補強した高耐久木造軸組み工法が構造体のベース。
この外側から、10,000個以上の厚さ70mmもの断熱耐火レンガが積まれタテとヨコに張り巡らされた鉄筋により木造軸組みに固定されます。
地震に強い高耐久木造が、レンガという断熱耐火の鎧をまとうことで、なによりも強いハイブリッド躯体構造を実現しました。
ただ張り付けるだけのレンガ風外壁と違い、テラコッタレンガを職人が1個づつ丁寧に積み上げて行くものです。完成したレンガの壁はメンテナンスフリー。
本物のレンガの重厚感とナチュラルな質感は、時が流れても色あせず、さらに深い味わいを与えてくれるでしょう。

構造材は含水率15%以下のヒノキや杉などの国産無垢材を使用

構造材は含水率20%以下のヒノキや杉などの国産無垢材を使用

強度を高める耐震金物を使用

強度を高める筋交+面構造

レンガの穴を貫通する縦筋と目地の間の横筋が一定間隔で構造体に緊結される

レンガの穴を貫通する縦筋と目地の間の横筋が一定間隔で構造体に緊結される

職人により一個ずつ手積みされるレンガは1か月から1か月半で積み上げられる

職人により一個ずつ手積みされるレンガは1か月から1か月半で積み上げられる

レンガ積みの家