千葉・木更津で高性能バッシプ住宅・注文住宅なら仁・幸夢店

仁・幸夢店 仁・幸夢店
©️JIN Komuten. All Rights Reserved.

Blog ブログ

#その他

鉄筋検査を行いました

2021年12月某日新築工事現場の鉄筋検査を行いました。

第3者による検査を実施しています。※写真は検査員さんです

検査員さんの厳しい目でチェックしていただいてます。

検査のポイントは以下の通り

・鉄筋の太さ
・鉄筋の間隔
・補強筋の状態
・コンクリートかぶり厚さの確保

 

写真はベース配筋の継手写真です。

赤い矢印は継手の重ねる長さを表しています。

基準は【鉄筋の直径×40】になります。

今回のベース鉄筋直径は13mmなので、13mm×40=520mm以上の重ねがあれば合格です。

写真では660mmあるので合格です。

緑の丸は継手が同じ位置にならないようにしています。

継手部分は弱くなりがちなので分散しているか。チェックします。

この現場はちゃんと分散しているので合格です。

設計書でコーナーに補強筋を入れることになっています。

しっかり指示通りに補強筋が入っているか確認しました。

ここも指示通りに鉄筋が入っているので合格です。

一つ一つ丁寧に自主検査を行い、更に、第三者による検査で2重のチェックを行っています。

鉄筋検査も合格し、これでようやくコンクリートが打てるようになりました。

コンクリート打設予定日は天気も良さそうなのでこのままコンクリート打設したいと思います。